BINANCE(バイナンス)が新規登録を一時停止

政治・経済・企業

BINANCE(バイナンス)が新規アカウントの登録を一時停止したようです。

BINANCE(バイナンス)100種類以上のアルトコインの取扱があり、その取扱手数料も0.05%程度で済む海外取引所で、圧倒的な人気を博しています。

国内だとコインチェックやビットフライヤー、Zaifの方が初心者には取り組みやすいですが、腰を据えて仮想通貨取引をやっていくつもりであれば登録しておくべき取引所でしょう。

 

 

BINANCE(バイナンス)新規登録停止

スポンサーリンク

1月5日現在、BINANCE(バイナンス)への新規アカウント登録は停止されています。

 

Google翻訳で翻訳すると、

「圧倒的な人気のため、Binanceは、インフラストラクチャのアップグレードを可能にするために、新しいユーザー登録を一時的に無効にする必要があります。 ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

ご協力ありがとうございます!」

とのこと。

スポンサーリンク

最近いろいろなところでBinanceという単語を聞くようになっていましたし、サーバー負荷や人的なサポートの負荷も大きくなっているのでしょう。

新規アカウント停止で多少なりとも仮想通貨の勢いが止まってしまうのは残念ですが、既存のユーザーを大切にしようという姿勢は評価できるのではないでしょうか。

 

国内取引所でアルトコインを購入するなら

BINANCEはそのアルトコイン登録数と取引手数料の低さで人気です。

とはいえ、リップルやネム、イーサリアムなど主要アルトコインの購入であれば日本の仮想通貨取引所でも良いでしょう。

簡単に取引するのであれば、コインチェック、板取引をするのであればZaifがオススメです。

 

主要通貨は安心して買える

リスクの高い仮想通貨の中でも、時価総額の高いネムやイーサリアム、リップルなどの主要通貨はこれから100倍~1,000倍になることはあまり望めないものの、5倍~10倍になる可能性は高く、一方で大きく値下がりすることはあまり考えられないでしょう。

100倍~1,000倍になるコインを買うことは夢がありますが当然どのコインが上がるかは分かりません。

10倍でも原資500万円であれば5,000万円になるので安心して夢を見られます。

リップルが10倍だと4,000円、ネムが10倍だと2,000円、イーサリアムが10倍だと100,000円。

今のところあまり現実的な数字ではありませんが不可能ではないでしょう。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

政治・経済・企業
イグニスの株価が2日連続のストップ高!どこまで伸びる?

スマートフォン向けアプリを製作・運営する株式会社イグニスの株価が2018年2月28日、3月1日と2日 …

政治・経済・企業
ビットコインプラチナムが延期!ビットコインの価格にはどう影響する?

12月8日に1BTC=240万円を超すまで価格が上昇したビットコインですが、12月10日には暴落し、 …

政治・経済・企業
ビットフライヤーがサーバーダウン(鯖落ち)!12月9日8時30分から2時間超

ビットコイン取引所大手のビットフライヤ―が、12月9日の朝8時30分からサーバーダウンしてつながらな …