藤井聡太四段A級棋士屋敷信之九段と松尾歩八段を下す快挙!54勝へ

スポーツ・競馬・将棋

藤井聡太四段が12月15日行われた朝日杯将棋オープンでA級棋士屋敷信之九段と対局し、公式戦で初めてA級棋士に勝利する快挙を成し遂げました。

また、午後から行われた松尾歩八段にも勝利し朝日杯将棋オープン本戦への出場を決めています。

 

 

朝日杯将棋オープン二次予選

スポンサーリンク

朝日杯将棋オープンは持ち時間各40分の対局で、12月15日には二次予選の対局が午前と午後で2局となりました。

藤井聡太四段は午前中にA級棋士の屋敷伸之九段との対局で話題となっていましたが、藤井聡太四段が勝利しました。

また午前中行われた斎藤慎太郎七段と松尾歩八段との対局は松尾歩八段が勝利し、午後に藤井聡太四段と松尾歩八段が対局、これも藤井聡太四段が勝利し本戦出場を果たしました。

 

A級棋士屋敷伸之九段に勝利

屋敷伸之九段は史上最年少で棋聖のタイトルを獲得した天才棋士で、現在もA級リーグに在籍する45歳の棋士です。

屋敷伸之九段/日本将棋連盟

藤井聡太四段はこれまでA級在籍棋士との対局では敗れてしまっており、今回の対局には注目が集まっていましたが、初めてのA級棋士との対局での勝利となりました。

スポンサーリンク

藤井聡太四段は対局後「公式戦という舞台でA級棋士に勝てたことでとても自信になった」とコメントしています。

 

竜王戦1組在籍松尾歩八段にも勝利

同日中に朝日杯将棋オープン二次予選の決勝戦が行われ、藤井聡太四段は松尾歩八段と対局し、勝利しました。

松尾歩八段/日本将棋連盟

松尾歩八段は名人戦B級1組、竜王戦1組在籍中の37歳の棋士で今年の竜王戦挑戦者決定戦では羽生善治二冠と戦い敗れています。

↓羽生善治二冠は竜王戦を制し永世七冠となりました。

羽生善治棋聖竜王戦第5局を制し史上初の永世七冠獲得!

藤井聡太四段は「強敵ばかりの2次予選を勝ち抜けて嬉しい。本戦も全力で戦いたい」とコメントしました。

 

朝日杯将棋オープン本戦

朝日杯将棋オープン本戦は予選の勝ち抜き者8名と本戦シード者8名とがトーナメント方式で戦います。

藤井聡太四段の本戦出場は史上最低年齢を更新しました。

本戦には渡辺明棋王や佐藤天彦名人、羽生善治二冠、久保利明王将などタイトルホルダーを含むトップ棋士が出場しており、公式戦でのタイトルホルダーと藤井聡太四段との対局が実現する可能性も高いでしょう。

 

藤井聡太四段の次の対局は12月23日に行われる叡王戦で、深浦康市九段と対局します。

藤井聡太四段2017年29連勝達成からその後の対局記録まとめ

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポーツ・競馬・将棋
藤井聡太四段王座戦一次予選で豊川孝弘七段に勝利し55勝目

2017年12月28日に行われた王座戦一次予選で藤井聡太四段と豊川孝弘七段が勝利し、藤井聡太四段が勝 …

スポーツ・競馬・将棋
藤井聡太四段叡王戦でA級棋士深浦九段に敗れ10敗目

2017年12月23日に行われた将棋のタイトルを争う叡王戦で藤井聡太四段と深浦康市九段対局し、深浦康 …

スポーツ・競馬・将棋
藤井聡太四段久保利明銀河(王将)に将棋プレミアムで非公式戦ながら勝利!

12月10日に将棋プレミアムin名古屋で藤井聡太四段と久保利明銀河との対局が行われ、非公式戦ながら藤 …