転売目的での利用が問題視?チケットチャンプが新規申し込み停止へ

事件・事故

チケット売買サービス「チケットキャンプ」の転売目的での利用が問題だとして、運営元の株式会社フンザよりチケットキャンプの新規申し込みが停止されました。

今後チケットキャンプはどうなるのでしょうか?

 

 

チケットキャンプって何?

スポンサーリンク

株式会社フンザが運営するチケット売買サービスで、チケキャンの愛称で呼ばれています。

チケットキャンプは2013年4月25日にサービスを開始し、オークファンとの提携、楽天オークションとの業務提携など徐々に規模を拡大し、2014年10月にiPhoneアプリを配信と順調に成長。

その後、株式会社ミクシィが全株式を取得し2015年からはフンザはミクシィの子会社となりました。

チケットキャンプ

 

チケットキャンプの利用

このサービスで取引するには会員登録が必要で、会員登録にはSMSを受信できる端末が必要になります。

支払い方法はクレジットカードや、コンビニ支払い、Apple Pay、キャリア払い、ビットコイン、ペイジーなどと多岐に渡ります。

そうして購入されたチケットは簡易書留や宅急便といったもので発送するのですが、ポストへ投函する方法は禁止されています。

取引時の手数料は過去は売り手にも買い手にもそれぞれ化されていましたが、2017年からは売り手のみに課されるようになり、より取引しやすく変更されました。

スポンサーリンク

チケットキャンプCMと会員数

チケットキャンプのCMには小島瑠璃子さんが起用され2015年7月16日から放送開始されました。

その4日後の7月20日からは早くも第2弾が放送され、日本一篇、すぐ売れる篇、安心篇の3種類が放送されました。

この時も小島瑠璃子さんがCM起用されています。

2016年4月9日には新たなCM売ります篇、行きます篇を放送し、その約3ヶ月後の7月に登録登録数が200万人を突破します。

そして2017年には「きゃんたろ」「はむきゃん」が公式キャラクターに登場します。

3月には登録会員数が300万人を突破、飛ぶ鳥を落とす勢いで会員数が増えて行きます。

 

しかしチケットキャンプの根本に関わる問題が

チケットキャンプは要らないチケット、欲しいチケットを個人がやり取りする為のサービスである為に、常に転売目的の人物も取引する可能性がつきまといます。

その為兼ねてから転売目的での使用により、このサービスを通じてチケット価格の高騰や転売行為の受け皿となる懸念がありました。

そして2017年12月7日、フンザが商標法違反と不正競争防止法違反で捜査を受けた事をミクシィが発表、フンザは12月7日をもって新規会員登録、新規出品、新規購入申し込みを停止、現在取引中ではない商品もチケットキャンプ運営側で出品を取り下げる手続きを行います。

今後サービスを再開する目処は全く立っておらず、サービス再開時期は未定です。

今後は原因究明や事実確認のために外部の弁護士を入れて調査委員会を立ち上げ厳正かつ適切な対処をするとの事です。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

事件・事故
豊田商事の再来?ジャパンライフ破産手続開始決定

2018年3月1日、磁気治療器のオーナー商法などの事業を行っていたジャパンライフの破産手続開始決定を …

事件・事故
人食いバクテリアは常在菌でもある?感染しないための対処法は?

何ともショッキングなニュースですが目に飛び込んできました。 国立感染症研究所の発表によると、今年の1 …

事件・事故
2017年人食いバクテリアの患者数が過去最多!人食いバクテリアの2つの種類って?

2017年、「人食いバクテリア」と呼ばれる感染症の患者数が過去最多となったと報道されたことが話題とな …