パンダのシャンシャン12月19日より1日400組まで限定公開!生後170日経過

グルメ・文化・観光

パンダのシャンシャンが生後170日を経過しており、1日400組まで抽選で限定公開というニュースが話題となっています。

まもなく一般公開のシャンシャン、リーリーとシンシンなど上野動物園一番人気のパンダ

 

 

上野動物園のパンダ「シャンシャン」が生後170日経過!

スポンサーリンク

気付けばもう生後170日以上が経った上野動物園のパンダの赤ちゃん「シャンシャン」。

生まれた時はニュースがパンダ一色になり、上野の街もお祝いムードに包まれました。このほほえましいニュースに国民全員が頬を緩ませ、心をほっこりさせたことでしょう。

健康状態は良好らしく、日々すくすくと成長しています。つい最近では木登りもできるようになったそうで、公開された動画は本当に愛くるしい姿でした。

上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト

 

シャンシャンが一般公開!

もうかなり大きくなったこともあり、上野動物園ではついに12月19日からシャンシャンを一般公開することになりました。

スポンサーリンク

しかしまだ赤ちゃんですので健康状態に配慮し、1日に公開される時間は制限されるそうです。

また、大変人気な赤ちゃんパンダで、待望のお目見えなので非常に多くの人が一目見ようと上野動物園に訪れることになるでしょう。

そこで上野動物園では抽選によって観覧客を制限することにしたそうです。

 

シャンシャンを見られるのは1日400組まで?

2019年1月31日までは1日に抽選で当たった400組までしかみることができません。

そして見れる時間はおよそ1~2分程度とのことです。それでも少しでも見たいと、多くの人がすでに抽選に応募して、その結果を楽しみに待っているのです。

1日400組(1組5人まで)というのは果たして多いのか少ないのかは分かりませんが、大きな混乱を避けるため、またシャンシャンの状態に配慮するため、やむを得ない措置だと思っています。

生後既に半年近くが経過して、待ち望んだ一般公開なので、全国から多くの人が上野に押し掛けることになるでしょう。

 

上野動物園には500を超える動物がいる!

今ではパンダ一色になっていますが、上野動物園はパンダだけではありません。

上野動物園は多くの希少動物を飼育しており、名古屋の東山動植物公園に次いで日本に2番目に多く動物を飼育しています。

その数は500を超えているそうです。

さらに年間入場者数は日本一を誇るそうです。その所以は東京、上野にあるからなのでしょうか。全国には多くの動物園があり、北海道の旭山動物園なども有名です。

しかしやはり上野の方が立地が良いからなのか、全国一の入場者数を記録しているのです。

 

可愛さで国民を虜にするパンダ

パンダはなぜこうも可愛いのでしょうか。

国民を虜にするその愛らしい姿は本当に天使のようです。

大きく成長してからも可愛らしい見た目のままで、見ているこちらの心をほっこりさせてくれます。

今回、惜しくも抽選に漏れてしまう方もいるかもしれませんが、それでもパンダは上野動物園にいてくれます。

抽選後にゆっくり足を延ばすのも良いでしょう。わたしもいつかパンダを見に行きたいです。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グルメ・文化・観光
GoogleのCM「こんな感じのスイーツが食べたい篇」フリッパーズは奇跡のパンケーキ屋さん?

GoogleのCM「こんな感じのスイーツが食べたい篇」では、「ふわふわスイーツの店」で検索してフリッ …

グルメ・文化・観光
GoogleのCM「こんな感じのランチが食べたい篇」お洒落なニド・カフェって?

GoogleのCM「こんな感じのランチが食べたい篇」では、「軽めのランチ」で検索して、ニド・カフェ、 …

グルメ・文化・観光
GoogleのCM「こんな感じのバーベキューに行きたい篇」みなとみらいでバーベキュー

GoogleのCM「こんな感じのバーベキューに行きたい篇」では、「手ぶらに行けるバーベキュー」で検索 …