テレビ番組

遺体科学遠藤秀紀さんクレイジージャーニーに登場!バクの謎に迫る?

12月6日のクレイジージャーニーは動物の死体をひたすら解剖し、進化の謎に迫る熱血学者遠藤秀紀さんが登場!

遺体科学と遠藤さんが名付ける学問で進化の秘密を読み解きます。

 

 

クレイジージャーニー「動物の死体をひたすら解剖し進化に迫る熱血科学者」

スポンサーリンク

クレイジージャーニーは世界をめぐる狂気の旅人(=クレイジージャーニー)をスタジオに招き、ダウンタウン松本人志とバナナマン設楽統、小池栄子と語ったり同行してロケを行ったりする番組。

↓11月22日はジャーナリスト丸山ゴンザレスさんが世界最大級の水上スラムに潜入しました。

「水上スラム」マココを丸山ゴンザレスがクレイジージャーニーで取材

12月6日は25年間で数千体の動物の死体を解剖した熱血科学者、遠藤秀紀さんが登場します。

 

遠藤秀紀さんってどんな人?

遠藤秀紀さんは現在52歳で東京大学総合研究博物館の教授をされている方です。

スポンサーリンク

1991年に東京大学の獣医学科を卒業し、1996年には獣医学の博士号を取得。

国立科学博物館で10数年働き、京都大学を経て現在のお仕事に就かれています。

遠藤秀紀さんはこれまでの25年間の間動物を解剖し続け、「遺体科学」と名付けた学問に取り組み進化の秘密を読みとく研究を続けています。

 

ジャイアントパンダの指が7本あることを発見

遠藤秀紀さんはジャイアントパンダの指が7本あることを発見した学者として有名です。

weblio辞書/遠藤秀紀

パンダを含めた熊などの動物の手を見てみると、人間のように親指がなく物をつかむことができない手であることが分かります。

 

しかし、パンダは笹を掴んで食べるために6本目の指と7本目の指が作られた、ということを発見したのが遠藤さんなんですね。

 

遠藤秀紀さんがバクの謎を解く?

クレイジージャーニー公式サイトの予告動画では、遠藤さんが「バクの謎を解きたい」と言って何かに取り組んでいる様子が写されます。

バクは、遠藤さんが研究したジャイアントパンダと同じく上野動物園でもアメリカバクが飼育されています。

上野動物園/アメリカバク

バクと言えば「生きた化石」とも呼ばれており、現存するバクは1200万年以上前からほぼ同じ姿で現在まで生き残っていると考えられている動物ですが、遠藤さんはバクのどんな謎に挑むのでしょうか。

番組の紹介では、「番組から重大発表」とされているので、何か大きな発見を発表するのでしょうか?

(それとも、単に番組についての発表なのかもしれません。)

スポンサーリンク