コメダ珈琲の成功の秘訣は名古屋流?コメダ珈琲のコンセプトや人気商品

グルメ・文化・観光

コメダ珈琲と言えばつい最近まで名古屋で有名な喫茶店、と言う印象でしたがここ数年であっと言う間に全国展開を成し遂げてしまいました。

あなたの地域の近くにも最近コメダ珈琲ができた、と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はコメダ珈琲についてご紹介します。

 

 

コメダ珈琲ってどんなお店?

スポンサーリンク

コメダ珈琲は、現在フランチャイズで全国に多数の店舗を展開してます。

現在は、日本国内のみならず2016年には中華人民共和国に海外第一号店を展開しており、今後も海外展開が期待できます。

コメダ珈琲ホームページ

 

元々は個人の喫茶店だった?

コメダ珈琲は、今では株式上場していますが、元々は実家が米屋の加藤太郎氏が創業を名古屋でした個人の喫茶店でした。

個人経営店がフランチャイズに乗り出し現在に至ってます。

コメダ珈琲の店舗は、客席を有効に使う為に厨房スペースを狭くしてます。

一部の店舗を除きコーヒーを自社工場で抽出したものを配達して各店舗で温めて提供しており、またパンも一部の店舗を除いて自家製と自家製にこだわっています。

 

コメダ珈琲の店舗はどんな感じ?

コメダ珈琲の店舗は、駅から少し離れた所にある事が多く広い駐車場がある事が多く、店内は、ウッディさを強調した作りになっており新聞や雑誌を多数用意されてます。

雑誌は、関西なら関西ウォーカーなどその土地に合わせた雑誌を置いてるとのこと。

週刊誌等も置いてますので幅広い世代が雑誌や新聞を読みながらゆっくりと過ごせるよう工夫されています。

コメダ珈琲で過ごす時間は、ゆったりと流れているように感じます。早朝の開店からお客様で大盛況な店舗が多いようです。

 

コメダ珈琲のコンセプト「名古屋流」

コメダ珈琲はコンセプトに名古屋流を取り入れており、開店から午前11まではドリンクを注文するとドリンク代のみでトーストとゆで卵がつきます。

名古屋ではドリンク代のみでモーニングが食べれるのは当たり前の文化です。

またそれ以外の時間では、ドリンクを注文するとピーナッツや豆菓子やお菓子が付いて来ます。

名古屋は、喫茶店が多く競合しているので他店と差別化を図る為にドリンクにおまけがつく事が多いです。

名古屋は、車文化で近隣に遊べるスポットが少ない場所もあります。

それゆえに喫茶店が憩いの場や娯楽になっていました。

名古屋の喫茶店は、モーニングの時間帯に小倉あずきが出るところもあったりボリュームがあり値打ちです。

それゆえに名古屋では、朝食を喫茶店で食べる人も多いです。

名古屋の文化を取り入れて展開した結果、世間に好評で株式上場企業にまで成長しました。

 

コメダ珈琲の名物メニュー「シロノワール」

コメダ珈琲の名物メニューは、シロノワールです。

温かいデニッシュの上にソフトクリームを載せた人気のメニューです。

雑誌でもコメダ珈琲のシロノワールを紹介されるほどの人気です。

またコメダ珈琲は、テレビでも取り上げられたほどの人気のお店です。

最近は、郊外のみではなくショッピングモールの中にも出店されたり日増しに店舗が増えてます。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グルメ・文化・観光
GoogleのCM「こんな感じのスイーツが食べたい篇」フリッパーズは奇跡のパンケーキ屋さん?

GoogleのCM「こんな感じのスイーツが食べたい篇」では、「ふわふわスイーツの店」で検索してフリッ …

グルメ・文化・観光
GoogleのCM「こんな感じのランチが食べたい篇」お洒落なニド・カフェって?

GoogleのCM「こんな感じのランチが食べたい篇」では、「軽めのランチ」で検索して、ニド・カフェ、 …

グルメ・文化・観光
GoogleのCM「こんな感じのバーベキューに行きたい篇」みなとみらいでバーベキュー

GoogleのCM「こんな感じのバーベキューに行きたい篇」では、「手ぶらに行けるバーベキュー」で検索 …