羽生善治棋聖竜王戦第5局を制し史上初の永世七冠獲得!

スポーツ・競馬・将棋

第30期竜王戦第5局が鹿児島県指宿市の「白水館」で行われ、羽生善治棋聖と渡辺龍王の対局を羽生善治棋聖が勝利しました。

羽生善治棋聖はこれまで渡辺龍王に対し3勝1敗。

今回の勝利で竜王位を獲得し、永世竜王の獲得となりました。

これまで羽生善治棋聖は他の6つのタイトル戦で永世称号を獲得しており、これで史上初となる永世七冠となりました。

 

 

第30期竜王戦七番勝負第五局

スポンサーリンク

今年、竜王のタイトルをかけて行われる七番勝負が羽生善治棋聖と渡辺明竜王との間で行われており、これまでの戦績は羽生善治棋聖の3勝1敗と、あと1勝で竜王位と永世竜王を獲得できることとなっていました。

12月4日から5日にかけて鹿児島県指宿市の白水館で行われていた対局は羽生善治棋聖の封じ手から始まり、羽生善治棋聖優位のまま対局は進み、歴史に名を残す1局の勝利となりました。

永世竜王は連続5期か、通算7期獲得で得ることができ、これまで永世竜王となったのは渡辺明竜王のみでした。

羽生善治棋聖は数年前から「勝てば永世竜王」という状態が続いておりましたが、竜王戦は渡辺明竜王が永くタイトルを保持しており、今回悲願の勝利となりました。

 

羽生善治棋聖が永世七冠を獲得

羽生善治棋聖と言えば、若い頃史上初となる全てのタイトルを獲得する「七冠」を達成したことで大きな話題となりました。

スポンサーリンク

今回、再び史上初となる永世七冠を獲得することとなりました。

羽生善治棋聖が前人未到の永世七冠へ!羽生善治棋聖ってどんな人?

 

今年はプロデビュー後負けなしで勝ち続け、史上最多となる29連勝を成し遂げた藤井聡太四段で将棋界が盛り上がりましたが、将棋の神様と呼ばれることの多い羽生善治棋聖も同じ年に歴史的な記録を残すことになりました。

藤井聡太四段2017年29連勝達成からその後の対局記録まとめ

 

羽生善治棋聖、次の目標は?

永世七冠は羽生善治棋聖にとっては単なる結果に過ぎないのかもしれませんが、全てのタイトル戦で永世称号を得たということもあり、次の目標がどんなものなのか気になります。

これから行われるであろう記者会見や祝賀会ではどのようなことが話されるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポーツ・競馬・将棋
藤井聡太四段王座戦一次予選で豊川孝弘七段に勝利し55勝目

2017年12月28日に行われた王座戦一次予選で藤井聡太四段と豊川孝弘七段が勝利し、藤井聡太四段が勝 …

スポーツ・競馬・将棋
藤井聡太四段叡王戦でA級棋士深浦九段に敗れ10敗目

2017年12月23日に行われた将棋のタイトルを争う叡王戦で藤井聡太四段と深浦康市九段対局し、深浦康 …

スポーツ・競馬・将棋
藤井聡太四段A級棋士屋敷信之九段と松尾歩八段を下す快挙!54勝へ

藤井聡太四段が12月15日行われた朝日杯将棋オープンでA級棋士屋敷信之九段と対局し、公式戦で初めてA …