泥棒役者が再舞台化決定!関ジャニ丸山隆平や宮川大介など

映画

11月18日に公開された関ジャニ丸山隆平さん主演の映画「泥棒役者」が2018年に舞台化されることが発表され、話題となっています。

「泥棒役者」は元々舞台から映画化された作品なので、今回は再舞台化となります。

↓泥棒役者を実際に見た方から記事をいただいています!

丸山隆平主演映画「泥棒役者」が面白い?市村正親や宮川大介などキャストもばっちり

 

 

「泥棒役者」は舞台を映画化した作品!

スポンサーリンク

この作品は、2006年に西田征史監督が作・演出を手掛けた舞台「泥棒役者」を、自身で映画用にリライトした完全オリジナル作品とされています。

関ジャニ∞のメンバーであり主演の「丸山隆平」をはじめ、恋人役の「高畑充希」や豪邸の主人役の「市村正規」など、豪華キャストを迎え入れ、2017年11月17日(土)から絶賛上映中です。

主演をつとめた丸山隆平さんは、今回が「単独映画初主演」とのことで多くのファンの期待を受けての撮影となったようです。

丸山隆平さんが演じたのは、モジャモジャ頭が特徴的な元泥棒「大貫はじめ」で、普段から明るく良い人というイメージのある丸山さんにはピッタリな役柄だったと思います。

「泥棒役者」ってどんなストーリー?

この物語は、丸山隆平演じる元泥棒「大貫はじめ」と、宮川大輔演じる昔の仲間「畠山則男」の再会から始まります。

スポンサーリンク

刑務所を出所したてで働き口が見つからなかった畠山は、懲りずに盗みの計画を立て、その際に鍵開けの名人だったはじめを仲間に引き入れようと機会を伺います。

そして、「美沙(恋人)に泥棒だった過去をバラす。」と脅され仕方なく市村正規演じる豪邸の主人「前園俊太郎」の自宅へと忍び込むことになります。

豪邸内では様々な勘違いが生まれ、面白可笑しいストーリーが展開されていくのですが、その世界観にすっかり引き込まれ、リピーターとして何度も映画館を訪れる人もいるようです。

元々が舞台で演じられていた作品だったこともあり、映画内でも舞台を見ているように感じる演出もちらほらありました。

「泥棒役者」公式サイト

「泥棒役者」再舞台化が決定!

そんな「泥棒役者」が2018年の4月~5月の間、東京・大阪にて上演するとの情報が上がってきたのです。

映画同様に丸山隆平さんが演じるとのことで、ツイッターなどでも話題に上がり、トレンド入りする程の急上昇ワードとなっています。

 

「泥棒役者」舞台のキャストはどうなる?

自身もレギュラーとして出演するテレビ番組「サタデープラス」での発表では、注目ポイントである他のキャスト人については言及していません。

しかし、「泥棒役者の上映は、まだまだ終わらないニャー」とのコメントをしているため、他のキャストも映画と同じなのではとの声もあるようです。

個人的には舞台でも映画と同じキャスト人だと嬉しいと思っているのですが、どの方も超売れっ子俳優・女優さんということで全員揃うというのは中々難しそうですね…。

そしてもう1つ注目されているのは丸山隆平さんの髪型です。

公演が予定されている間、丸山さんは大貫はじめのトレードマークである「モジャモジャ頭」になるのかどうかというのも大きな話題となっています。

どちらにせよ、ファンの方々にとってはとても喜ばしい発表で、沢山の応援メッセージがネット上でもあげられています。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画
「劇場版マジンガーZ INFINITY」2018年1月13日公開!カッコよすぎる予告編と水木一郎OP曲がお披露目!

8月31日、来年1月に公開予定の劇場版マジンガーZ(仮)のタイトルと予告編が披露され話題となっていま …

映画
8月4日の金曜ロードSHOW!は世界興行収入歴代4位「ジュラシックワールド」放送

7月28日と8月4日は2週連続ジュラシック祭り!2週目となる明日8月4日はシリーズ第4作「ジュラシッ …

映画
64-ロクヨン-瀬々敬久監督×瑛太×生田斗真で「友罪」2018年5月公開

薬丸岳の小説「友罪」を元にした同名の映画が、「64-ロクヨン-前編/後編」の瀬々敬久監督、生田斗真と …