テレビ番組

木下ほうか「イヤミ課長」や菜々緒の悪女キャラ確立に貢献したスカッとジャパンってどんな番組?

2014年から放送されているバラエティ番組痛快TVスカッとジャパンは木下ほうかさんや菜々緒さん他、さまざまな俳優や女優がこの番組内からブレイクしていることでも有名です。

痛快TVスカッとジャパンってどんな番組なのでしょうか?

 

 

痛快TVスカッとジャパンってどんな番組?

スポンサーリンク

痛快TV「スカッとジャパン」は、フジテレビ系列で毎週月曜日19:57~20:54に放送されているバラエティー番組です。

司会は内村光良で、パネラーがいくつかのVTRを鑑賞するというスタイル。

VTRは、視聴者の「『ムカッとした』ことが『スカッとした』体験」の投稿を基に作成されたショートドラマとなっています。

また、いくつかのVTRの最後は、「胸キュンスカッと」と呼ばれるショートドラマになっており、これは恋愛にまつわる(胸がキュンとするような)「スカッとした」体験のショートドラマとなります。

 

木下ほうかさんが「イヤミ課長シリーズ」で注目を浴びる

「スカッとジャパン」と言えば、この番組から、注目されたり、役のイメージが付いた俳優や女優も少なくありません。

スポンサーリンク

その最たる人物は、俳優の「木下ほうか」さん。

キャストパワー木下ほうかさん

木下ほうかさんは、同番組内の「イヤミ課長シリーズ」でイヤミ課長こと馬場課長を演じ、そのインパクトの強いキャラクターから注目を浴びました。

ちなみに「イヤミ課長シリーズ」内の馬場課長の決め台詞「はい、論破!」は、2015年のユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語50にも選ばれる快挙を成し遂げています。

 

菜々緒の悪女キャラ確立にも一役

この番組で役のイメージが付いた代表的な人物としては、菜々緒さんが挙げられます。

それまでは「モデル」としての印象が強かった菜々緒だが、同番組内では「エリカシリーズ」の悪女・エリカを演じ、「悪女を演じる女優」としての印象も世に広まった感触を受けます。

悪女は徹底的な作りこみ?情熱大陸で女優菜々緒を特集

実際には、木下ほうかさんも菜々緒さんも、今までの地道なキャリアの積み上げがありますが、やはりバラエティー番組でインパクトの強い役を演じることによって、さらに一般への認知度が高まったのだと思われます。

 

胸キュンスカッとはコミカライズやアルバム化も

先ほど述べた「胸キュンスカッと」は、コミック化されたり、「胸キュンスカッと」内で使用された曲がアルバム化されたりするなど、同番組内でも人気のあるコーナーとなっています。

アルバム「ずっと好きでした。presented by 胸キュンスカッと」のホームページでも、アルバムの説明の一文として

”「胸キュンスカッと」は、注目の若手俳優・女優が毎回起用され、<ブレイク俳優・女優の登竜門>とも呼ばれる。”

と書かれています。

こちらのコーナーからも、高杉真宙(たかすぎまひろ)を初め、数々の若手俳優・女優が起用後のブレイクを遂げています。

そういった視点で、痛快TV「スカッとジャパン」を見てみるのも面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク