グルメ・文化・観光

実は五穀豊穣を祝う日?歴史がとんでもなく古い勤労感謝の日

11月23日は勤労感謝の日で、日本では祝日です。

↓今日はアメリカでも「感謝祭」です。

勤労感謝の日はアメリカでもあるって知ってた?サンクスギビングデーについて

勤労感謝の日はその名の通り、勤労に感謝する日なのですがその成り立ちや由来について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。

 

 

勤労感謝の日は最も歴史のある休日?

毎年11月23日は「勤労感謝の日」として国民の祝日となっています。

この「勤労感謝の日」という名前の祝日が作られたのは戦後である1948年のことですが、11月23日はそれ以前も祝祭日として休日となっており、日本国民にとって最も歴史のある休日と言えます。

紅葉が見ごろを迎え、美味しいものもたくさんあるこの時期は各地でさまざまなイベントが行われているほか「勤労感謝の日」ということ、で家でゆっくり羽を休める人も多いのではないでしょうか。

「勤労感謝の日」と聞くと労働者に感謝する日のように思われますが実際には必ずしもそうではなく、かつては「新嘗祭」としてその年に収穫された米や作物などの収穫を祝う日とされてきました。

 

勤労感謝の日はもともとは新嘗祭

この「新嘗祭」は大昔から農業を主要な産業としてきた日本において、とても重要なものとされています。

その中でもお米は時代によってお金と同等、もしくはそれに代わる価値を持つこともあり、米の収穫は国民の死活問題に直結するほど重要なものでした。

そしてその米の生育や収穫は天候によって左右されることもあり、天候は神様が決めるものと信じられてきたかつての日本。

その年に収穫された作物を天皇に献上し、宮中において五穀豊穣を神に感謝する祭祀が太古の昔から現在に至るまで毎年行われているのです。

 

現在でも勤労感謝の日は五穀豊穣を祝う日

戦後は天皇の影響力を弱めようとしたGHQによって「新嘗祭」という言葉は改められ「勤労感謝の日」となりましたが、それ以降も五穀豊穣を祝う日という意味は変わらず、全国各地で作物の収穫を神に感謝する神事が行われています。

 

出勤している人もちらほら、勤労感謝の日

「勤労感謝の日」は祝日ということで学生は休みとなり、社会人でも休みをとっている人が多くいますが、そんな中でも出勤を余儀なくされている方もちらほら見受けられます。

祝日とはいえすべての人が休めるというわけではないのは仕方のないことですが、祝日ならいざ知らず11月23日は「勤労感謝の日」であるだけに、祝日に働くといった矛盾を強く感じている人もいるようです。

Twitter上では皮肉めいた言葉も並んでいますが、もともとは古くから続く五穀豊穣を祝う日であり、この時期は食欲の秋と言われるほど食べ物が美味しい季節でもあります。

休日出勤を余儀なくされている方々にはせめて労働の後には美味しい新米を食べて英気を養ってほしいと思います。

スポンサーリンク