テレビ番組

クレイジージャーニーで「恐竜の新事実」が大公開!?常識が覆る

11月15日深夜放送のクレイジージャーニーでは恐竜化石ハンターと戦場ジャーナリスト、過去に放送されて大好評だった2つの回が新しい内容で放送されます。

 

 

クレイジージャーニー

スポンサーリンク

クレイジージャーニーは世界をめぐる狂気の旅人(=クレイジージャーニー)をスタジオに招き、ダウンタウン松本人志とバナナマン設楽統、小池栄子と語ったり同行してロケを行う番組。

↓2017年8月31日は昆虫愛好家の愛さんを特集

クレイジージャーニーで昆虫愛食家の愛さんが昆虫の楽園マレーシアへ!

11月15日の回では過去に好評だった戦場ジャーナリストと恐竜化石ハンターを新しい内容で放送する「ロマンと現実」豪華2本立てです。

 

戦場ジャーナリスト桜木武史さん

11月8日クレイジージャーニー「戦場で被弾も魂の取材」に登場したのはシリアに単独で乗り込み命がけの取材を行った戦場ジャーナリスト桜木武志さん。

スポンサーリンク

取材先で撃たれた経験を持つ桜木さんはその経験を「金属バットで頭思いっきり殴られた感じ」と話しています。

撃たれた後の姿を写真として残しているのも流石です。

「本当に危険な場所で暮らしているからそ「生」が輝いている。」と語る桜木さんにしか話せない内容に注目です。

 

戦場に行くようには見えない戦場ジャーナリスト?

 

桜木さんは戦場に行くようには見えない戦場ジャーナリスト。

いろんな人からそう言われるそうです。

戦場ジャーナリストと言えば渡部陽一さんが有名ですが、渡部さんもあまり戦場にいるように見えない気がします。

意外と、そういう人が多いのでしょうか。

 

恐竜化石ハンター小林快次さん

11月1日クレイジージャーニー「世界屈指の恐竜化石ハンターの発掘旅同行で奇跡が!」に登場したのは恐竜化石ハンターの小林快次さん。

小林快次さんは子供の頃から化石オタクで日本人として初めて博士号を取得したという方。

2009年には「デイノケイルス」の全身骨格など9つの新種を発見しているそうです。

日本だけでなく、世界における恐竜化石の第一人者と呼べる方なのだそうですが、今回の参加は甥っ子さんがクレイジージャーニーが大好きでしぶしぶ参加を承諾したのだとか。

 

新種の恐竜化石発掘のためモンゴルに同行取材

前回の放送では新種の恐竜化石発掘のためモンゴルに同行取材をしています。

一行は取材のためモンゴルはウランバートルから25時間かけて、ゴビ砂漠にあるベースキャンプへ。

辺り一面砂漠の中、さらに人が立ち入らない空白地帯での取材が始まります。

最終的には小林さんが「当たり」というハドロサウルス科の親子の脊椎を発見。

これが謎多き恐竜の子育ての研究に役立つかもしれない、とのこと。

また、そこには首の骨と思われるものも落ちており、もっと大きな化石が見つかる可能性もあるものの、本格的な調査となると来年以降になるのだそうです。

15日の放送では「常識が覆る」恐竜の新事実の発表とのことで放送が楽しみです。

スポンサーリンク