テレビ番組

カツラを作ることに人生をかけるフリ族が土曜プレミアムに登場

9月30日の土曜プレミアムはカツラを制作することに人生をかける部族や-50℃の氷上で狩猟する部族、モリ1本でサメがたくさんいる海に飛び込みクジラと戦う部族などさまざまな部族が登場します。

 

土曜プレミアム

スポンサーリンク

土曜プレミアムはフジテレビ系列で放送されている番組で、映画やドラマ、バラエティ番組などの単発特別番組枠です。

土曜プレミアムでは映画が放映されることが多いのですが、9月30日の土曜プレミアムは「五大陸横断!世界の部族24時その時秘境で何してる?」が放送されます。

ゲストとして劇団ひとりや勝俣州和、りゅうちぇるなどが出演。

世界のさまざまな部族たちの驚きの日常生活を紹介します。

 

カツラを作ることに一生をかけるフリ族

カツラを制作することに一生をかける部族、と聞くとなんだか職人さんが思い浮かびます。

彼らはパプアニューギニアの「フリ族」。

フリ族は1934年に発見された部族と、まだ発見されて80年ちょっとなのだそう。

スポンサーリンク

彼らを特徴づけているのが、色鮮やかでインパクトのあるカツラ。そのカツラは2年もの歳月をかけて作られていると言います。

 

10年間に及ぶ下積み修行とカツラを作る成人修行

フリ族の人達は皆、10歳頃になると修行の家で共同生活を始め、20歳頃まで炊事や畑作り、狩りや戦の方法を学びます。

無事下積み修行を終えると、成人に向けた修行へ。

フリ族の成人に向けた修行は、カツラを作ること。

カツラは地毛で作る

フリ族のカツラの素材は地毛のため、2年程の修行期間中は髪を切ることなく伸ばし続けます。

彼らは村長の指導の下、川の水で胃を洗浄し、さらに神聖な残りの川の水を飲み干します。

さらに、毎日3回呪文を唱えながら聖なる水を髪の毛に与え続け、クシを使って毎日丹念にゴミ取りを行います。

修行期間中は髪の毛がアフロのようになりますが、寝グセがつかないように髪を浮かして寝るという徹底ぶりです。

成人修行が認められれば伸ばし続けた髪の毛を切って、カツラを作ります。

そして、そのカツラは毎日頭に載せることが許され、晴れて成人として認められることになります。

 

フリ族のカツラは高値で取引される?

このように非常に特殊な文化を持つフリ族ですが、2年もの歳月をかけて作られたカツラは自分で使用しても売却しても良いらしく、クオリティの高いカツラは高値で取引されるそうです。

ただし、このカツラは国外持ち出し厳禁なのだとか。

基本的には部族内でのやり取りなのでしょうね。

スポンサーリンク