カメムシ大量発生の理由とペットボトルを使った簡単捕獲方法!カメムシは2mmの隙間から侵入します!

事件・事故

9月〜10月になると夜にカメムシが大量発生してしまうことがあります。

私が住んでいるのはマンションの14階なのですが夜光をつけていると気がつけば網戸一面カメムシだらけ。

しかもどこも窓を開けていないのに部屋の中にまで侵入してきます。

なぜカメムシが大量発生するのでしょうか?

また、ペットボトルを使った簡単捕獲方法をお伝えします。

 

カメムシ大量発生の理由

スポンサーリンク

カメムシ大量発生の理由でネットを検索すると、

①空き地にはカメムシの大好きな草や植物が多く、空き地に近いとカメムシが大量発生する

②終戦後の拡大造林(スギ・ヒノキ)でカメムシが大量発生している

といった解説がなされています。

空き地の近くやスギやヒノキの近くだとカメムシ大量発生の被害に合う確率が高くなりそうです。

しかし、筆者の家はマンションの14階で割と町の真ん中。辺りにはそれらしい空き地や林はありません。

 

家には寒さをしのぐためやってくる

9月〜10月に家にやってくるカメムシは寒さをしのぐため暖かい部屋や壁に張り付くようです。

スポンサーリンク

筆者の住んでいる地域ではつい先日台風が通っていったため風に乗って高層階までやってきたのかもしれません。

現在のマンションには数年住んでいますが侵入してきたのは初めて。

普通、14階までやってきませんよね。

 

カメムシは2mmの隙間があれば侵入してくる

驚いたのですが、部屋を閉め切っていてもカメムシは部屋の中に侵入してくるんです。

網戸をしていても、どこかに2mmの隙間があれば体をねじ込んで来るのだとか。

これはちょっと恐怖ですよね。

筆者宅にもカメムシの侵入を数匹許してしまいました。

 

カメムシを捕獲するならペットボトルがおすすめ!

急に侵入してきたものの、虫あみも持っておらず、どうやって外に逃がすか右往左往して手にしたのが、500mlペットボトル。

苦し紛れの選択でしたが、このチョイスがかなりナイスだったのではと思っています。

というのも、500mlペットボトルの口はカメムシの身体をちょうどすっぽり覆い隠せるほどの大きさ。

カメムシは危険を感じると臭い匂いをふりまくようですがペットボトルの口でカメムシを包み込み、中にポトッと落としてしまえば匂いを感じる暇さえありません。

しかも数匹侵入していたとしても同じ要領で数匹ペットボトルの中に送りこむことができます。

カメムシの入ったペットボトルはそのまま窓の外に置いてやれば朝にはいなくなっていますよ。

この秋、カメムシの侵入を許してしまった方はこの方法をぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

事件・事故
豊田商事の再来?ジャパンライフ破産手続開始決定

2018年3月1日、磁気治療器のオーナー商法などの事業を行っていたジャパンライフの破産手続開始決定を …

事件・事故
転売目的での利用が問題視?チケットチャンプが新規申し込み停止へ

チケット売買サービス「チケットキャンプ」の転売目的での利用が問題だとして、運営元の株式会社フンザより …

事件・事故
人食いバクテリアは常在菌でもある?感染しないための対処法は?

何ともショッキングなニュースですが目に飛び込んできました。 国立感染症研究所の発表によると、今年の1 …