その他

ビットコインはどこで買える?ビットコイン取引なら安心安全なビットフライヤーで

大きな注目を集めているビッドコイんですが、ビットコインを購入するためにはビットコイン取引所に登録する必要があります。

今回は、大手との取引も多く、安心安全なビットコイン取引所、ビットフライヤーについてお伝えします。

 

 

 

ビットフライヤーってどんな取引所?

ビットフライヤーは日本初のビットコイン取引所。2014年1月に設立され、リクルートやSBIインベストメント、GMOなど大手企業からの出資を受けており、日本国内では取引量や資金力ともに最も大きく、安心安全なビットコイン取引所となっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

安心安全な取引所であることが大切な理由

ビットコインと言えば、2014年に起こったマウントゴックス事件が記憶に新しいですね。

マウントゴックス事件は、ビットコイン取引所であるマウントゴックスにビットコインを預けていた人達の資産がマウントゴックスの不正によってなくなってしまったと言う事件です。

 

マウントゴックス事件とは

マウントゴックスは当初人気カードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」のトレーディングカードを売買するオンライン交換所として開設。

その後ビットコイン交換所に事業を転換し、2013年には世界のビットコイン取引量の70%を占めるまで成長しました。

しかし、2013年に技術的問題により払い戻しの遅延が発生。2014年にはマウントゴックスによる全てのビットコインの払い戻しが停止され、後にウェブサイトで当面、全ての取引を停止する、と発表。

その後東京地方裁判所に民事再生法の適用が申請され、破産手続きの開始が決められました。

破産管財人によると顧客ら約2万4700万人が届け出た債権の総額は2兆6630億円になったと発表されています。

 

ビットフライヤーは日本のビットコイン取引所

マウントゴックスは当初カードゲームの交換所として発足し、代表者がジェド・マケーレブと言う外国人で、その後マルク・カルプレスに売却、当のマルク・カルプレスは騒動の中いち早く取締役を辞任しています。

一方でビットフライヤーは日本のビットコイン取引所で名だたる大手企業から資金の出資を受けています。

マウントゴックスのような会社の被害に合わないためにもビットフライヤーのような安心安全なビットコイン取引所を選ぶことが大切でしょう。

 

2016年には法整備

また、マウントゴックス事件や、今後拡大する仮想通貨市場を見越して日本では2016年に資金決済方が改正されてビットコインなどの仮想通貨に法規制が設けられました。

1つ目は、ビットコイン取引所を登録制とすること。当然、ビットフライヤーは登録しなければ利用することができません。

2つ目は分別管理。自己資産(取引所の資産)と利用者(登録した人)の資産とを分けて管理するというものです。

こうした法整備が進められ、ビットコイン取引所も株式の取引所のように安心して取引できるようになってきています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で