テレビ番組

クレイジージャーニーで昆虫愛食家の愛さんが昆虫の楽園マレーシアへ!

8月31日のクレイジージャーニーは昆虫愛食家の愛さんが昆虫の楽園マレーシアでお目当ての一匹を捕獲&調理。

愛さんがどハマりする昆虫食の新しい世界を見られます。

 

クレイジージャーニー

スポンサーリンク

クレイジージャーニーは世界をめぐる狂気の旅人(クレイジージャーニー)をスタジオに招きダウンタウン松本人志とバナナマン設楽統、小池栄子と語ったり番組スタッフと同行してロケを行う番組です。

↓8月16日には2時間スペシャルで写真家ヨシダナギと爬虫類ハンター加藤英明が登場しました。

ヨシダナギがエナウェネナウェ族を撮影、加藤英明はゴライアスカエル等ハント

2017年8月31日は昆虫食愛好家の愛さんが登場。マレーシアで本場ならではのテクニカルな捕獲方法や愛さんオリジナルの調理で昆虫を食します。

 

昆虫愛食家 愛さん

昆虫愛食家の愛さんは、過去にもクレイジージャーニーに出演しており、タイでの昆虫食ロケに番組スタッフが同行し、話題となりました。

スポンサーリンク

愛さんについてはSNSやオフィシャルサイトなどを持っていないようで、年齢や本名など詳しい情報を得ることはできませんでしたが、昆虫食を始めたきっかけは食虫植物を育てたことだったそう。

食虫植物がコバエを食べているのを見て、どんな味がするんだろう?と興味が出てきたのだとか・・・。

自宅では10種類以上の昆虫を育てて食べているそうですよ。

 

 

昆虫食は未来の食糧危機を解決する?

日本では昆虫食はゲテモノ扱いで偏見を持たれがちですが、アジア29カ国、南北アメリカ23カ国で食べられ、アフリカ36カ国では少なくとも527の昆虫が食べられ、世界では1,400種類が食べられているそうです。

昆虫は栄養的には、例えばガのさなぎや幼虫は50%以上がタンパク質でミネラル類に富み、加熱することで雑菌等の問題もなくなり食品として摂取にはなんら問題はありません。

 

昆虫料理メニュー

それでもまだまだ昆虫を食べることには抵抗がありますよね。

昆虫料理本「人生が変わる!特選昆虫料理50(木谷美咲)」では見ために「昆虫」のイメージが残らないメニューが紹介されています。

例えば、コオロギ入り豆腐ハンバーグではコオロギを叩いてみじん切りにしたハンバーグなので見た目には普通のハンバーグです。

豊富なタンパク質を摂取でき、脂肪分をカロリーが控えめと昆虫のゲテモノイメージがなければ日本で大流行してもおかしくありません(しないと思いますが)。

クレイジージャーニーではどんな昆虫食料理が登場するか楽しみですね。

スポンサーリンク