テレビ番組

プロフェッショナル仕事の流儀でオートクチュールの花屋「ジャルダン・デ・フルール」店主の東信が登場!

8月28日のプロフェッショナル仕事の流儀では世界で一つだけの花束を作るオーダーメイドの花屋店主の東信が登場。

日本一と評される花束作りの舞台裏に密着します。

 

プロフェッショナル仕事の流儀

スポンサーリンク

プロフェッショナル仕事の流儀は2006年に放送が開始されたNHK似寄る情報・ドキュメンタリー番組。

番組開始当初は脳科学者の茂木健一郎と住吉美起がパーソナリティを務め、「プロフェッショナル中のプロフェッショナル」をスタジオに招き紹介していました。

2010年以降はレギュラー番組では司会は置かれず現場のドキュメンタリーを中心とし、橋本さとしと貫地谷しほりによるナレーションで構成されるようになっています。

2017年8月28日は「命の花、心で生かす〜生花店主・東信〜」で世界で一つだけの花束を作るオーダーメイドの花屋の店主、東信が登場します。

 

東信

東信さんはフラワーデザイナー、椎木俊介さんと共に東京・南青山でオートクチュールの花屋「ジャルダン・デ・フルール」を構えています。

スポンサーリンク

東信さんは21歳で上京後、花屋でアルバイトを始め独学で技術や知識を習得、23歳で麻布のスーパーの片隅に小さな花屋を開店。

25歳で銀座・コマツビルに出店し、その後現在に至るまで一輪の花も置かないフルオーダーメイドの花屋としてお客様一人一人を魅了する唯一無二の花束を作り続けています。

2005年よりニューヨークで個展をはじめ、パリでのウィンドウディスプレイやカルティエ現代美術館でのアートパフォーマンスなどアーティストとしての活動を開始。

その他ドイツやベルギー、中国、ブラジル、メキシコなどでも精力的に活動を続けています。

 

 

ジャルダン・デ・フルール

ジャルダン・デ・フルールはフランス語で「花の庭」の意味を持つお店。

(ホームページより)

店舗に花の買い置き保存は一輪もおかずにコンクリートとステンレスで内装された地下室で降るオーダーメイド花屋としてお客様から受注後に花を発注して仕入れ、お客様のイメージや目的、シーンに応じた仕上げを行います。

国内外ブランドや企業展示室、イベントなどの装飾やCM、映画、広告など多方面で活動しており、東信さんはフラワーアーティスト、椎木俊介さんはフォトグラファーとして活動しているそう。

  • 店名:JARDINS des FLEURS
  • 住所:東京都港区南青山4-15-43 B1F

 

番組ではこの春舞い込んだ特別な依頼に密着。

「亡きあの人に贈る恩返しの花束」作りの着手するも悪天候など数々のトラブルが発生、シャクヤクが咲かず苦渋の決断を迫られます。

スポンサーリンク