スポーツ・競馬・将棋

レスター岡崎がアーセナル戦に続き2戦連続ゴール

レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司がプレミアリーグ第2節ブライトン戦でキックオフわずか52秒でゴールを決め、アーセナルとの開幕戦から2試合連続でのゴールとなりました。

昨季はリーグ戦30試合に出場して3得点だったが、早くもその記録に届きそうな勢いです。

 

岡崎慎司

スポンサーリンク

岡崎慎司はプレミアリーグ・レスター・シティFCに所属する選手で日本代表のFW選手。

2005年高校卒業後清水エスパルスに加入し、当初8人いたFWの中で8番目という評価を受けるも着実に成果を残し、2007年には主にMFでの起用でありながらリーグ戦で5得点。

2008年にはシーズン途中からFWの軸として起用されるようになり、年間10得点を記録し清水エスパルスのエースと目されるようになりました。

2009年にJリーグベストイレブン選手、優秀新人賞を受賞しています。

 

海外リーグへ

2011年にドイツ・ブンデスリーガのVf8シュトゥットガルトに推定130万ユーロ(1億4500万円)で移籍しMFとして活動。

2013年にはFSVマインツ05に移籍金150万ユーロで移籍し、シーズン15得点を記録。2014-2015シーズンではドイツ誌「キッカー」でマンオブザマッチに選ばれました。

スポンサーリンク

2015年にイングランド・プレミアリーグのレスター・シティFCに移籍。イギリスメディア「BBC」のサッカー番組マッチオブザシティで月間ベストゴールのファン投票2位となるゴールを決めるなど活躍しています。

英放送局「Sky Sports」は岡崎を「影のヒーロー」と評価。

 

レスター・シティFC

レスター・シティFCはイングランド・レスターシャー・レスターをホームタウンとするプレミアリーグ加盟のサッカークラブ。

1990年代後半にはトップ10圏内に食い込む活躍をしていたものの2003-2004年にはプレミアリーグから降格し、2007-2008年にはクラブ創設以来初となる3部リーグ降格となりました。

2010年に経営難に陥ったことからタイの資本家が経営権を取得し、以降阿部勇樹や岡崎慎司と日本人を含むアジア人の獲得に積極的になっています。

2008-2009年に3部リーグを制し1シーズンでの2部リーグ復帰を決め、2013-2014年に2部リーグを優勝し1部リーグへの復帰となり、10年振りのプレミアリーグへ。

2015-2016年にはクラブ創設132年にしてプレミアリーグでは1978年のノッティンガムフォレスト以来38年振りにチャンピオンズリーグでの初優勝を果たしています。

 

スポンサーリンク