世界陸上ロンドン2017まとめ~ウサイン・ボルトがラストラン、日本400mリレーで初の銅メダル獲得~

特集

世界陸上ロンドン2017は現地時間で8月4日から8月13日までロンドンで行われた陸上の世界選手権です。

「人類最速の男」ウサイン・ボルトがラストランとなることで話題となりました。

日本からはケンブリッジ飛鳥やサニブラウン、多田修平らが出場し、男子4×100mリレーでは銅メダルを獲得しました。

世界陸上ロンドン2017まとめ

スポンサーリンク

日本時間8月5日(土)~8月14日(月)まで行われた各競技について、このサイトで取り上げたものをまとめています。

 

8月5日男子10000m決勝

モハメド・ファラーが金メダルで3連覇。

ウサインボルトラストレースとなる世界陸上でファラーが1万mを3連覇、100mで日本勢3人準決勝出場

 

8月5日男子100m決勝

ガトリンが金メダル、ウサイン・ボルトは銅メダル。

世界陸上ロンドン男子100mで金メダルガトリン、ボルトは銅メダルでブーイング起こる

 

8月6日女子100m決勝

金メダルはダフネ・シバーズ、銀メダルはタルー、銅メダルはダフネ・シパーズ。

世界陸上ロンドン女子100m決勝優勝はトリ・ボウイ2位タルー3位ダフネ・シパーズ

スポンサーリンク

8月7日女子1500m決勝

金メダルはキピエゴン、銅メダルにキャスターセメンヤ。

世界陸上ロンドン女子1500mではキピエゴンが金メダル、銅メダルはキャスターセメンヤ

 

8月9日男子400m決勝

金メダルがバンニーキルク、銀メダルにガーディナー。

世界陸上ロンドン男子400m決勝で金バンニーキルク、銀ガーディナー

 

8月10日女子400m決勝

フランシスが金メダル、銅メダルアリソン。

世界陸上ロンドン400m決勝でアリソンとミラーが敗れフランシスが金メダル

 

8月11日男子200m決勝

グリエフが金メダル、バンニーキルク銀メダル。日本のサニブラウンは決勝進出するも7着。

世界陸上ロンドン200m決勝でサニブラウン1位と0.54秒差で7着、バンニーキルクは銀メダル

 

8月12日女子200m決勝

シパーズが金メダルで2連覇、タルーは銀メダル。

世界陸上ロンドン女子200m決勝でシパーズが金メダルで2連覇。タルーは銀メダル

 

8月13日男子4×100mリレー

金メダルはイギリス、銀メダルアメリカ、銅メダル日本!ジャマイカはウサイン・ボルト転倒で棄権。

世界陸上ロンドン男子4×100mリレーで藤光謙司アンカー務め銅メダル!ボルト転倒でジャマイカ棄権

 

8月14日女子800m決勝、男子50km競歩

女子800m決勝ではセメンヤが金メダル。2位はニョンサバ、3位はウィルソンとなりました。

同日行われた女子4×100mリレーと4×400mリレーでアメリカが優勝し、アリソンは世界陸上での金メダル獲得数を11とし、ウサイン・ボルトの10個を抜きました。

また、男子50km競歩も行われ、日本人代表選手荒井広宙が銀メダル、小林快が銅メダルを獲得しました。

世界陸上ロンドン女子800mでセメンヤが金メダル、アリソンが今大会で史上最多11個の金メダルを獲得

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集
2017年GoogleのCMまとめ

2017年に放映されたGoogleのCMの内、このサイトでご紹介したものをまとめます。  

特集
2017年世界ふしぎ発見!まとめ

2017年に放送された世界ふしぎ発見!の内、このサイトで紹介したものをまとめます。

特集
2017年未来世紀ジパングまとめ

2017年に放送された未来世紀ジパングの内、このサイトで紹介したものをまとめます。