グルメ・文化・観光

8月12日深夜ペルセウス座流星群が見える!ペルセウス座流星群ってどんなの?

1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並んで3大流星群の一つペルセウス座流星群が8月12日深夜出現ピークとなります。

12日(土)〜13日(日)明け方は西日本で広範囲で晴れ、流星観測を楽しめそうです。

夏休み、連休中の夜を家族で星空を眺めて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ペルセウス座流星群が今夜ピーク

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群は毎年お盆の時期に出現し、天候など条件が良ければ1時間に40個以上の流星を観測することができます。

ピークは8月13日の早朝4時頃になる見込み。

ペルセウス座流星群を見る時は、月がなるべく視界に入らないよう空の広い範囲を眺めるように眺めましょう。

月の回りは明るく、流星が見えづらいため月の見えない暗い方角を見るようにすると良いでしょう。

 

ペルセウス座流星群って?

ペルセウス座流星群はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群で、7月20日頃から8月20日頃にかけて出現します。

スポンサーリンク

母天体は周期133年のスイフト・タットル彗星で、1991年と1992年にペルセウス座流星群は平年の2倍以上の大出現をしています。

8月13日頃極大となり、極大頃には1時間あたり30〜60個の流星が出現。ペルセウス座流星群の流星群は流れる速度が早く、途中で急激に明るさを増すことがあります。

 

各地の天気

気になる天気は、西日本で星空が見やすい状況が多いものの、湿った空気の影響で一部に雲が広がりそうです。星空が見えない時は時間をずらしてチャレンジしましょう。

関東〜北陸では残念ながら厚い雲がかかるものの、関東の内陸部では見られるチャンスもあるようです。

東北〜北海道では広い範囲で雨が降ることから観察は難しそうです。13日(日)の明け方は雲が少なくところも。

国立天文台ではペルセウス座流星群キャンペーンも

国立天文台でもペルセウス座流星群が極大に近く8月11日〜15日の間、ペルセウス座流星群を眺めて報告する、ペルセウス座流星群キャンペーンが開催されています。

夏の夜、流星を数えよう2017

期間中、夜空を眺めて流星がいくつ見えたかを報告します。報告した内容で流星群の活動が変化する様子が明らかになるかも。

観察結果報告後のアンケートに答えると、抽選で10名に国立天文台オリジナルグッズ(オリジナルA4サイズ紙製ドキュメントフォルダー&A5サイズノート)がプレゼントされるようですよ。

スポンサーリンク