スポーツ・競馬・将棋

世界陸上ロンドン400m決勝でアリソンとミラーが敗れフランシスが金メダル

日本時間の8月10日早朝、世界陸上ロンドンの400m決勝が行われ、世界陸上で通算9個の金メダルを持つアリソンと2016年リオデジャネイロオリンピックの金メダリスト、ミラーを破りフランシスが優勝しました。

アリソンは3位、ミラーは4位。

世界陸上ロンドン女子400m決勝

スポンサーリンク

8月10日5時50分に行われた世界陸上ロンドン女子400m決勝で、優勝が期待された、通算で最多の金メダルを持つアリソンと、リオデジャネイロオリンピックの金メダリストミラーを破りアメリカのフランシスが金メダルを手にしました。

2位はナセル、3位はアリソン、4位はミラー、5位はジャクソンという結果。

 

アリソン・フェリックス(女子200m銅メダル)

アリソン・フェリックス(31歳)はアメリカの選手で、2012ロンドンオリンピックの200m、4×100mリレー、4×400mリレーで金メダルを持ち、世界陸上では2005年ヘルシンキ200m、2007大阪200m、4×100m、4×400m、2009ベルリン200m、4×400m、2011韓国4×100m、4×400m、2015北京400mで金メダルを獲得しています。

スポンサーリンク

世界陸上での金メダル数は女子最多記録。

今回は銅メダルという結果となってしまいましたが、女子4×100mリレー、4×400mリレーでも活躍が期待されます。

 

ショーナ・ミラー

ショーナ・ミラー(23歳)はバハマの選手で2012年ロンドンオリンピックから世界を舞台とした大会に出場。

ロンドンオリンピックでは途中棄権となりましたが、そののち2013年世界陸上モスクワでは200mで4位、2015年世界陸上北京では400mで準優勝、2016年リオネジャネイロオリンピックでは金メダリストを獲得しています。

 

サニブラウンが世界最年少で200m決勝進出

日本時間10日早朝には男子200m準決勝も行われ、日本代表のサニブラウン・ハキームが20秒43で2組2着で決勝進出を決めました。

18歳5ヶ月での決勝進出は2005年同種目で決勝に進んだウサインボルトの18歳11ヶ月を更新する史上最年少記録。

日本では2003年の銅メダリスト末続慎吾以来14年ぶりの決勝進出となりました。

男子200m決勝は日本時間8月11日の早朝5時50分に行われる予定です。

ここまで来たら、是非メダルを手に入れて欲しいですね。

↓200m決勝には、400mの金メダリスト、バンニーキルクも出場します。

世界陸上ロンドン男子400m決勝で金バンニーキルク、銀ガーディナー8月9日行われた世界陸上ロンドン男子400mで世界記録保持者のバンニーキルクが金メダル、ガーディナーが銀メダル、ハロウンが銅メダルとなり...

↓世界陸上ロンドン2017まとめはこちら

世界陸上ロンドン2017まとめ~ウサイン・ボルトがラストラン、日本400mリレーで初の銅メダル獲得~世界陸上ロンドン2017は現地時間で8月4日から8月13日までロンドンで行われた陸上の世界選手権です。 「人類最速の男」ウサイン・...

スポンサーリンク