テレビ番組

世界の日本人妻は見た!ロシアはマヨラーの国?バレエダンサーが国家公務員?

8月8日放送の世界の日本人妻は見た!では北の大国ロシアで生活する日本人妻の様子が映されます。

番組の予告では10リットル入りのマヨネーズをバケツ食いする様子が描かれるなど、驚きの光景が。

世界の日本人妻は見た!ロシア編

スポンサーリンク

8月8日放送の世界の日本人妻は見た!は北の大国、ロシア。

日本では、ロシアと言えばウォッカやポリショイサーカス、ボルシチなどのイメージがありますが、実際には日本食レストランも多く、またアニメをはじめとした日本のカルチャーが大人気だとか。

世界の日本人妻は見た!は2013年4月よりTBS系列で放送されているバラエティ番組で、司会を爆笑問題の2人が行い、渡辺満里奈やデヴィスカルノ、出川哲郎などのレギュラーの他、在日外国人の男女がパネラーとして登場します。

 

ロシアはマヨラーの国?

そんな中、あまりイメージにないのがロシア=マヨラーの国、ということ。番組中でも10リットルのバケツに入ったマヨネーズをバケツ食いしているシーンが放送されます。

ロシア料理では、新年のオリヴィエサラダ、外套を着たニシン、その他のサラダなど、何にでもマヨネーズが使われると言います。

もちろんお肉を焼く時にもマヨネーズをつけてオーブンで焼きます。

スポンサーリンク

データを見ても、ロシアはロシア人1人辺りのマヨネーズの年間消費量は5.1kgで世界一。日本は1.5kgで世界19位となっています。

ヨーロッパの国々の中で唯一ケチャップよりマヨネーズの消費が多い国なのだそう。

また、ロシアのスーパーでは一般的なマヨネーズのほかオリーブマヨネーズやわさびマヨネーズ、レモンマヨネーズ、チーズマヨネーズなどたくさんの種類が並んでいるようです。

なお、ロシア人がこれほどマヨネーズを好む理由としてはロシアが寒い気候のため、脂っこいソースを好み、またカロリーの消費が激しいのでそれらを補う高カロリーのものを摂取する必要があるからだとか。

 

バレエダンサーが国家公務員?

ロシアと言えばバレエの本場ですが、ロシアではバレエはプロフェッショナルが踊るもので、日本のように誰でも気軽に楽しめる、というものではないのだそう。

バレエダンサーは国家資格を持つ国家公務員で、周囲からの尊敬も熱い。

バレエダンサーは引退も早いそうですが現役の時は高い給料が貰え、また引退した後はすぐに年金が支給されると言います。

もちろん、それだけプロになるのは難しいのでしょうね。

スポンサーリンク