スポーツ・競馬・将棋

世界陸上ロンドン女子100m決勝優勝はトリ・ボウイ2位タルー3位ダフネ・シパーズ

6日行われた世界陸上ロンドン2017の女子100m決勝にて去年のリオデジャネイロ五輪銀メダリストのトリ・ボウイが10秒85で初優勝となりました。

2位にタルー、3位にダフネ・シバーズ、4位アウレ、5位エレイン・トンプソン

世界陸上ロンドン女子100m決勝

スポンサーリンク

8月4日より行われている世界陸上ロンドン女子100mにて8月6日(日本時間8月7日)女子100m決勝が行われ、トリ・ボウイが初優勝を果たしました。

女子100mは日本時間で8月5日4時20分、19時45分、8月7日1時10分に予選、準決勝が行われ、8月7日5時50分に決勝が行われました。

8月8日2時30分に表彰式が行われる予定です。

日本からの女子100mへの参加は標準記録、派遣設定記録を満たす選手がおらず、参加することができませんでした。

 

 トリ・ボウイ(今大会女子100m金メダル)

フレントリシュ・トリ・ボウイ(26歳)は人口92人、信号機のないミシシッピ州サンドヒル出身のアメリカの陸上選手。本名がフレントリシュで、通常は短縮形のトリが用いられているそうです。

スポンサーリンク

短距離走と走幅跳を専門にし、高校時代にはバスケットボールで州大会優勝したほどの選手でした。

南ミシシッピ大学ではカンファレンスUSA、NCAA女子陸上競技選手権大会で1年生から活躍。4年生になるとカンファレンスUSA室内大会の三段跳で優勝、走幅跳で準優勝し、屋外競技では100mで3位、走幅跳で優勝、三段跳で5位入賞を果たしています。

2013年からプロとして活動し、2016年に行われたリオデジャネイロオリンピックでは100mで今回5位のエレイントンプソンに次いで銀メダル、200mでエレイントンプソンと今回3位のダフネシバーズに次いで銅メダル、4×100mリレーでは最終走者を任され金メダルを獲得しました。

 

タルー(今大会女子100m銀メダル)

ゴネジー・マリー・ジョゼ・タ・ルー(28歳)はコートジボワールの陸上競技選手で、これまでアフリカのエリアレベルの大会で数多くのメダルを獲得しています。

2015年より徐々に国際大会で活躍し始め、2016年ロンドングランプリ100mで優勝するとリオデジャネイロオリンピックの優勝候補に名を連ね、100m、200mの決勝に進出。

どちらも4位で惜しくもメダル獲得は叶わなかったものの、自己新記録を達成していました。

世界陸上ロンドン2017の女子200mは日本時間で8月9日(水)3時30分から予選が行われ、8月11日(金)5時5分より準決勝、8月12日(土)5時50分より決勝が行われる予定です。

 

↓男子100mではウサインボルトが金メダルを逃し、ガトリンが金メダルを手にしました。

世界陸上ロンドン男子100mで金メダルガトリン、ボルトは銅メダルでブーイング起こる5日行われた世界陸上ロンドンの100m決勝で、今回ラストランとなる世界保持者のウサインボルトは銅メダルに終わり、かつてドーピングによる出...

↓世界陸上ロンドン2017まとめはこちら

世界陸上ロンドン2017まとめ~ウサイン・ボルトがラストラン、日本400mリレーで初の銅メダル獲得~世界陸上ロンドン2017は現地時間で8月4日から8月13日までロンドンで行われた陸上の世界選手権です。 「人類最速の男」ウサイン・...

スポンサーリンク