テレビ番組

コシノジュンコ?コシノヒロコ?ドコモ新CM「母、ジュンコ」篇

綾野剛や堤真一、高畑充希と最近ではブルゾンちえみも登場するドコモのCMですが、新CM「母、ジュンコ編」ではブルゾンちえみと同じおかっぱ頭のコシノジュンコが登場しています。

コシノジュンコ

スポンサーリンク

コシノジュンコは姉コシノヒロコ、妹コシノミチコと3人ともファッションデザイナーで「コシノ三姉妹」として知られています。

コシノジュンコは各地でファッションデザイナーとして活躍する中、「オレたちひょうきん族」のタケちゃんマンの敵として1983年に登場した「アミダばばあ」の衣装デザインを担当。

明石家さんまが演じるキャラクターとして唯一デザイナーが製作した衣装で、タケちゃんマンの敵史上、最も高額な衣装だったそう。

 

ドコモCMではブルゾンちえみの母

今回、新たに公開されたドコモのCM「母、ジュンコ」篇では綾野剛とブルゾンちえみの母役として登場しています。

これまでのCMで堤真一がブルゾンちえみに恋をし、それを見た高畑充希が対抗意識を燃やしてブルゾンちえみの真似をする、という流れで今回のCMでは綾野剛が「ちえみのせいで職場がむちゃくちゃ」と嘆きます。

スポンサーリンク

ブルゾンちえみは「私に言われても」と困った顔をすると、階段の上からコシノジュンコが登場し「いいのよ、ちえみはずっとこのままで」「とても素敵よ」と発言。

ブルゾンちえみは「ママの子だもん」と返し、CMは終わります。

コシノジュンコとブルゾンちえみはおかっぱ頭が共通点で、ブルゾンちえみはコシノジュンコの誕生日パーティーに参加するなど、コシノジュンコのファンとして知られています。

 

コシノヒロコ

コシノヒロコはコシノジュンコの姉で、ファッションデザイナーやアーティストとして活動しています。コシノジュンコの娘(次女)の小篠ゆまもファッションデザイナー。

コシノヒロコは2012年には東京・銀座に旗艦店の「ヒロココシノ銀座」とあわせてアート作品展示館の「KHギャラリー」をオープン。

翌2013年には兵庫県芦屋市の安藤忠雄設計の旧自邸をギャラリーとして改装し、「KHギャラリー芦谷」として予約制で一般公開しています。

 

KHギャラリー芦谷

KHギャラリー芦谷はコシノヒロコの芦谷の旧自邸をギャラリーとして公開したもの。敷地面積350坪を誇るギャラリー内には、コシノヒロコのアート作品が展示されており、落ち着いた空間で鑑賞できます。

KHギャラリー芦谷となったコシノヒロコの旧自邸は1981年に建築家安藤忠雄が設計し、コンクリート打ちっ放しの壁面と開放的な窓から自然光が入り込むなど同氏の設計思想がふんだんに盛り込まれた建物となっています。

スポンサーリンク