芸能人・歌手・アーティスト

AKB秋元才加との熱愛報道された広井王子が「ソラとウミのアイダ」発表会で結婚を発表

1996年から続く「サクラ大戦」シリーズなどで知られるクリエーターの広井王子氏(63)が7月25日行われた「ソラとウミのアイダ」発表会で、2016年5月に結婚していたことを明かしました。

広井王子

スポンサーリンク

広井王子は「サクラ大戦シリーズ」や「魔神英雄伝ワタルシリーズ」を手掛けたクリエーター。

最初「魔神英雄伝ワタル」でアニメのプロデュースを手掛けたことから有名になり、同作のスポンサーだったハドソンからオファーを受け、「天外魔境」の制作を始め、天外魔境ZIRIAおよび天外魔境Ⅱ卍MARUがヒット。これによりゲームの著名プロデューサーの一人となりました。

当時ゲーム開発者がメディアに出ることは珍しく、そうした流れを作った一人。ラジオ番組「広井王子のマルチ天国」「広井王子のマルチ天丼」「広井王子のマル天チャチャチャ!」等でパーソナリティを務めました。

スポンサーリンク

AKB48秋元才加との恋愛スキャンダル

広井王子は2010年10月13日発売の週間文春にてAKB48の秋元才加とのお泊りデートが報道されています。

同記事によると、10月9日に仕事を終えた秋元才加が自宅に帰ると、その30分後に広井王子がマンションへ入っていったとのこと。この日以外にも広井王子は秋元才加のマンションを訪れていたと言います。

秋元才加は記事内容を否定しながらも、このスキャンダルでの処分として、AKB48チームKキャプテンを辞任しています。

秋元才加さんは当時22才。広井王子は当時56才なので、相当もてるんですね・・・。秋元才加さんは後日のコメントで広井王子が父より年齢が上で男性として考えたことがなかったと言っています。

なお、その後2011年にキャプテンに復帰し、2013年にAKB48を卒業しました。

2016年5月に37才の女性と結婚

広井王子は、原作、総監督を務めたゲームアプリ「ソラとウミのアイダ」発表会の壇上で主要キャラクターの声優陣を選ぶ際のエピソードを語り、家でサンプルを聞いていたところ奥さんに聞かれてしまい、気まずかったと話しました。

イベント後に取材に応じ、2016年5月に37才の歯科医師と結婚したと答えています。

ソラとウミのアイダ

ソラとウミのアイダは広島県尾道市を舞台とし、宇宙漁師を目指す6人の少女たちがモンスターを釣り上げるアクションゲームです。

10月からスマートフォンで配信予定で、日本だけでなく台湾、香港、マカオでも配信予定。アニメ化、舞台化も予定されています。

スポンサーリンク