郵便局がIIJと組み格安スマホをカタログ販売

政治・経済・企業

日本郵便が格安スマホのカタログ販売を始めることが分かりました。

開始は8月からで、郵便局に用意されたカタログで申込を受け付け、「ゆうパック」で利用者にスマートフォンを送るというもの。

IT大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)と提携して販売を進めますが、郵便局の店頭では端末の展示はありません。

IIJと郵便局が共同でスマホ販売

スポンサーリンク

郵便局は契約数に応じた手数料を受け取り、IIJは郵便局を活用して主婦や高齢者などスマホの利用率が低い層を新たに取り込む狙い。
8月からは、岐阜、静岡、愛知、三重の4県内約2,000の郵便局で先行販売が行われます。

郵便局の格安スマホは、端末代金32,800円で利用料金が月額2.980円、毎月3ギガバイトまでのデータ通信が可能となっています。

 

格安スマホ

今回郵便局が取扱いを開始する格安スマホは格安SIMとSIMフリー端末をセットにしたスマートフォンで、月々の利用料が安い他、大手キャリアにある2年縛りがなく、手軽さが売りとなっています。

スポンサーリンク

格安SIMはドコモやau、ソフトバンクなどとは異なるMVNO各社がドコモやauなどからネットワークを借り受けて提供しているSIMカードのことで格安SIMと端末をセット販売しているケースと、ユーザー自身が端末を用意するケースがあります。

月額1,000円で利用できる格安スマホも

格安スマホは多くの業者が算入しており、いろいろなサービスが提供されています。

例えば、トーンモバイルでは月額1,000円から利用することができます(ただし、基本プランでは低速回線にIP電話)。

その他、イオンモバイルでは月額1,380円で2Gまで利用可能などと、低価格サービスが多く存在しています。
今回郵便局が取扱を開始する格安スマホは月額2,980円と、上記と比較すると割高ですが、3Gまで利用可能であることや端末とセット販売であることを考えるとお手軽さが売りだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

政治・経済・企業
イグニスの株価が2日連続のストップ高!どこまで伸びる?

スマートフォン向けアプリを製作・運営する株式会社イグニスの株価が2018年2月28日、3月1日と2日 …

政治・経済・企業
BINANCE(バイナンス)が新規登録を一時停止

BINANCE(バイナンス)が新規アカウントの登録を一時停止したようです。 BINANCE(バイナン …

政治・経済・企業
ビットコインプラチナムが延期!ビットコインの価格にはどう影響する?

12月8日に1BTC=240万円を超すまで価格が上昇したビットコインですが、12月10日には暴落し、 …